保育士の働き方を考えるワークショップ

いつもはランチ会で集まっていますが、今回初めてワークショップ開催をし、みんなで保育士の働き方について思いをシェアしました。

 

生活するため、家族のため、自分のため、社会のため…いろいろ働く理由はあるけれど、保育士の働き方を見つめてみると、生活も仕事も楽しむ余裕がない!他の保育園の状況もわかりにくいし比較することもできない。

そんな辛口意見も出ましたが、どうしたら現場に保育士が戻りたくなるのか、保育の制度も振り返りながら、保育士の働き方を良くしたいという参加者の想いは溢れていました。

 

「もっと他の職種との交流があるといいのにね」という意見は、現場を離れいろいろな職種に関わってきた潜在保育士ならではの意見なんじゃないかな。

ここからまた深堀をしていくのも楽しそうです。

 

 

それぞれの“違い”を知り、もちろん工夫を重ねながら保育に取り込んでいくこと、そして保育の仕事を異業種の方に理解してもらえるように発信していくこと、保育士自身もそんな力が必要なのでしょうね。

 

今回のWSで、潜在も現役もなく子どもや保育を考える中では専門職として同じ思いであると感じました!ここの交流もしたいな~^^